フリーウェイカスタム

HONDA FreeWay(MF03-100)をちょこっといじってみた。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
Clock
Gas price information

gogo.gs
Access counter

ジオターゲティング
 
廃車
2004年9月18日の朝、事故りました。

車が右折、私が直進の事故。(右直ってやつ)

そして愛車のフリーウェイは、右側のリアウインカーカバーが吹っ飛び、サイドカウル・パニアケース・フロントカウルが破損。

そしてフロントフォークが完全に曲がりました。

真っ直ぐ走れなかったのですが何とか自走で帰宅。

廃車となりました。。。







ドナドナド〜ナ、ド〜ナ〜・・・


二年間楽しませてくれてありがとう!
さようなら、フリーウェイ!!
最高のマシンだったよ・・・グスン。



そして TMAXカスタム へ続く・・・

カウル修理
ヤマハ純正 カウル一式(フロントアッパーカバー・フロントガーニッシュ・フロントアンダーカバー・フロントインナーフェンダー・Rステアリングハンドルレバー)

2004年1月26日、山手通りでコケた!!

スピードを出したままカーブに進入

ブラインドカーブだったため渋滞している車に気が付かず

車に激突!!

はしなかったが止まれずコケた。







フロントカウル周辺、右サイドモール、ブレーキレバー、パニアケースなどに大きなダメージ!
特にフロントカウルに至ってはアスファルトに削ぎ落とされ半分に割れてしまった。











ということでカウルを交換することに。
大型バイクショップで純正パーツが5%オフだったこともあり全部で20000円位で納まった。
とても大きな箱に入っていたが、中身は主にFRPたったのでとても軽かった。

<取り付け>
・爪を折らないように慎重に作業。
・何度かカウルを外しているので難なく完了。
<結果>
・やはり新品はいい!
・フロントカウルがこんなにきれいだと、サイド&リアカウルも変えたくなります。
・良く見るとフロントアッパーカバーはラメ入りだった。

















キャブレター(MJ,SJ)
ディトナ メインジェットプロセット
(#150,#145,#140,#135,#130,#125)(#122,#120,#118,#115,#112,#110)
(#125,#122,#120,#118,#115,#112各4個・4気筒用)・・・日本一周バイク旅にてしょうがなく購入
キタコ パイロットジェット(FTR223用) #45,#42

マフラーを交換したところ低速のトルクがスカスカだったため購入。

<取り付け>
・フリーウェイはカウルやシートをいちいち外さないとキャブレターに辿り着けないのでダルイ。

純正 MJ#108,SJ#40 に対し、

・RSYビックフォーンオーバルステンレス
1. MJ#122(純正から14上げ)・・・ノーマルより良いかな?プラグの焼けはいいがもう少し低速が欲しい。
2. MJ#130(純正から22上げ)、SJ#45(純正から5上げ)・・・低速は良し高速伸びず、プラグ焼けすぎ。濃すぎる。
3. MJ#122(純正から14上げ)、SJ#42(純正から2上げ)・・・こんなもんかな?
<結果>
MJ#122,SJ#42(燃費18km位)

・スーパートラップ4インチメガホンステンレス(ディスク5枚)
1. MJ#122(純正から14上げ)、SJ#42(純正から2上げ)・・・60km以上出ない。プラグ焼けすぎ。濃すぎる。最悪!!!
2. MJ#112(純正から4上げ)、SJ#42(純正から2上げ)・・・こんなもんかな?
<結果>
MJ#112,SJ#42(燃費18km位)

・ノーマルマフラー(現在)
1. MJ#112(純正から4上げ)、SJ#42(純正から2上げ)・・・エンブレが効いていい感じ。燃費は19km位なのでもう少し燃費を良くしたい。
2.MJ#110(純正から2上げ)、SJ#42(純正から2上げ)・・・エンブレが多少弱くなったが全体的に乗りやすい。ノーマルよりトルクがある感じで良い。
<結果>
MJ#110,SJ#42(燃費20km位)

※同時に吸気・駆動系も変えていたので正直訳分からなくなった。
私は性格的に面倒くさがりなのでキャブセッティングする人はもう少しきちんとセッティングした方がいいと思う。
(パイロットスクリュー適当に回した)
だけどノーマルマフラーが一番いいかな。













エアフィルター
デイトナ ターボフィルターシート(250mm×200mm)
ホンダ純正 ベルトケースエアーフィルター

車両購入時にエアフィルターをメンテナンスしたところ、とんでもなく汚かったので純正のエアフィルター(3,000円位)を購入した。
その後マフラーを交換したのでお約束のように吸気もチューンしたかった。
しかし、フリーウェイ用の社外エアフィルターが無いので仕方なくデイトナ製の汎用ターボフィルターシートを買った。

<取り付け>
・デイトナの汎用ターボフィルターシートを純正エアフィルターと同じ大きさに切っていれるだけ。おしまい。

<結果>
・何も変わらない。以上。(体感できない)
・というか買ってから気付いたが、デイトナの汎用ターボフィルターシート(2000円)の素材って100円ショップに売っている家庭用の食器洗うスポンジとほとんど同じ?じゃないですか!!
次はスポンジでトライしたいと思います。←ウソ

※エアクリーナーを掃除するついでにベルトケースエアーフィルターも掃除しました。3000km前に新しいものに交換したのにとても汚れていました。

評価:
拍手拍手












マフラー2
スーパートラップ 4インチメガホンステンレス

日本一周バイク旅(東日本編)の途中の高速道路で、前マフラー(RSYビックフォーンオーバルステンレス)が壊れてしまったために急遽販売店から送られてきたマフラー。
正直このマフラーだけはつけたくなかった。
なぜかというと大半のビックスクーター乗りがつけていることと、音だけマフラーのイメージがあるからである。

<取り付け>
・通常であればマフラー交換なんて簡単なのだが旅先だったためにろくな工具を持ち合わせていなく作業に時間がかかった。
・しかもマフラーガスケットが近くに売っていなかったため現状のものをそのまま使用した。
<結果>
・前マフラーより耐久性は良い←普通。
・走行してみると60km以上出ない!!!
・原因は前マフラーの時のセッティングなのでこのスーパートラップでは合わなかった(MJが濃すぎる)
・スーパートラップはディスクの枚数でヌケを良くすることができるのだが、ディスクが5枚しかなかったためセッティングが合わない。ディスク無しでも良かったが爆音だったためやめた。
・セッティングが合わないまま走ったところ、燃費が16kmとがた落ちだった。
・のちに札幌でMJを注文してキャブセッティングをやり直したらなんとか普通には走れるようになった。

日本一周バイク旅(東日本編)終了後に改めてキャブセッティングしてベストに近い状態にしたが、好きなマフラーでないため最終的にノーマルマフラーに戻した。

評価:
拍手拍手